アクセスランキング

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風15号接近中

2011年09月20日 19:36

15号が明日から日本列島を縦断上陸する可能性が出てきました。

特別強いものではないようですが、最近の台風は速度が遅かったり、離れた場所で集中豪雨を起こしたりしているので、十分注意したほうが良いでしょう。

特に、和歌山県などの決壊ダムが作られたところでは要注意です。今後の気象情報に注意して、行動しましょう。

家でもスダレを利用しているのですが、台風が来るたびに中に仕舞っています。

湿っていると家の中も湿るので、苦労しています。

ブログパーツ
スポンサーサイト

エシュロンの正体

2011年09月11日 10:20

池上晃の特番で、エシュロンのついて、述べていました。

9.11以後、愛国法が成立し、テロ対策のために、アメリカのNSA(国家安全保障庁)が設置、管理しているものだそうです。

インターネット、電話などのあらゆる通信を傍受する施設で、日本では、三沢基地のアメリカ軍施設、世界中の英語圏にも配置されています。

傍受によりテロを起こしそうな人物、危険人物をブラックリストに登録して、アメリカ本土の入国を拒否する事もなされているようです。

日本での通信などのプライバシーは無く、さまざまな情報がNSAに筒抜けになっているようです。

9.11以降、アメリカは大変な管理社会に進みつつあります。

ブログパーツ

ようやく震災関連法案成立か?

2011年08月12日 19:29

再生エネルギー法案と、債務関連の法案がようやく国会で成立するみとうしがついたようです。

法案の中身がしっかりしていているのかが気になりますが、大方、国民の希望していた問題だと思います。

管理人も胸をなでおろしている状態。

管総理ご苦労さまでした。個人的にはもっとやってもらいたかったですが、条件つきで辞任の約束をしたので、これでいいのでしょう。

但し、これから首相になる方は、大変な時期ですので、普通の方では勤まらないでしょう。

まず第一に、被災地支援を、進めてもらいたいと思います。

ブログパーツ

広島原爆平和式典

2011年08月06日 17:42

今日、66回目の原爆慰霊式典が行われました。

式典で首相は再度、脱原発の方針を主張しました。

この方針には、私もある程度賛成です。

辞任宣言をしている事はありますが、残りの期間を全うしてもらいたいと希望します。

脱原発ですが、推進国と脱原発の国に、世界が二分されているようにも思います。

不思議な事に旧連合国は推進派が多いようです。

脱原発で、新エネルギーの稼動で経済的に良い効果も期待できる可能性もあるのではないでしょうか。

今、どちらを取るか、世界の国々は重要な分岐点に差し掛かっていると言えるでしょう。

ブログパーツ

地殻変動で温泉に異変

2011年08月03日 20:02

三陸沖のプレートを境に地殻変動、膨張と収縮が起きているそうです。

最近、温泉地でお湯の噴出圧が、場所によっては、増えたり減ったりしている調査結果を確認しました。
東北、関東、関西に渡りかつて無いほどの高範囲に渡って発生しています。

大震災により日本周辺の地殻が変化した事によって、地質、地下水の通り道などにかなりの変化が起きていると考えられます。

かつての地震の発生パターンから、変化している可能性も十分ありえます。

地震、地質を研究している方には、その点も含めて十分に調査してもらいたいと思います。

ブログパーツ

中国の共産党

2011年07月26日 20:08

高速鉄道の大事故が起きました。
最近の中国は何か変です。

過去の日本のように富国強兵に向かっているようにも思えます。

但し、中国の場合は第二次大戦後共産党が一党独裁で統治してきたので、弊害が出てくるのは当然かもしれません。

共産党は最近の経済発展に浮かれることなく、過去の中国の英知をもっと尊重してもらいたいと思います。

中国経済のバブルがはじける事も十分ありえます。


近所のハト
鳩

中国版ツウィッター weiboはこちら
weibo
ブログパーツ

脱原発と推進

2011年07月23日 05:32

世界中で脱原発と推進する国に二分されつつあります。

ドイツ、イタリアが脱原発を宣言していて、日本も加えれば偶然にも過去の枢軸国になります。

今後の推移を見守りたいと思います。

アジアの新興工業国では最近の経済発展でエネルギー事情の不足が起きております。
アジアの国々でこのまま原発が増え続けても良いものか、不安になってきます。

使用済み核燃料の処理をどうするのか、問題は山済みされています。

原発問題は現在、重要なテーマになっています。

ブログパーツ

管政権脱原発の方向を明言

2011年07月14日 06:41

管政権が段階的に、代替エネルギーを増やして、最終的に脱原発を目指すことを明言しました。

政府が方向性を示した事は一定の評価が出来ます。

管理人も以前に関連記事を書きましたが、段階的に減らしてゆく方法しか選択肢が無いようにも思います。

原発で恩恵を受けている方以外の国民の大方の同意が得られるのでは。

但し、経産省と監視組織の分離、電力会社との癒着、天下りの取り締まりなどはしっかり行ってもらいたい。

関連記事
日本の電力事情

ブログパーツ

信無くば立たず

2011年06月01日 19:24

自民党などの野党3党が内閣不信任案を提出しました。

ところが、国民が今回の案の提出を望んでいたのか否かが気になります。
自民党が我欲(国民の事は考えず、自分の政党などのため)に基づいて行ったのではないかと考えられなく無いわけではありません。

谷垣総裁が信無くば立たずと述べたそうですが、自民党も信用があるとは言い難いものがあります。

東電と政府の馴れ合い体質、原発を推進して作ったのも、自民党です。

通称壊しやの小沢さんも、ポリシーが無いと言いますか、理解し難い人物ですね。

今は震災対策を挙党体制でやってもらいたいのが国民の大方の考えだと思いますが、再び国民が自民党に騙されるのではないかと、心配になってきます。

ブログパーツ

ビンラーディン殺害される

2011年05月03日 06:51

テロの首謀者、アルカイダのビンラーディンが殺害されました。
心配なのは報復テロです。

もちろんテロは撲滅しなければなりませんが、テロの口実が湾岸戦争での連合軍のイスラム聖地への攻撃とされています。
さらに、因果の法則から考察すれば現在の状況は当然の結果だといえます。

歴史的に見てキリスト教とイスラム教の対立は繰り返されていますが、東洋の仏教、ヒンズー教、道教などの多神教との違いは、あちらの二つの宗教は一神教だという事です。
中国などのアジア諸国では、複数の宗教がお互いに関連していて共存してきています。

アジア、東洋の文化、倫理観と比べても、欧米とイスラム教の人々のそれは大分異なっているのでお互いに報復を繰り返すことが多くなるのでしょう。

日本はテロに対して、日本本土が直接攻撃されない限り、中立的な独自の立場を取る、あるいは欧米諸国とは一線を画すべきではないかと思います。
中立の立場を取る国が存在することは、歴史的に見ても必要とされてきたことで、もし日本がそのような立場になれば国際的に再評価される可能性は有ります。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。