アクセスランキング

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年が無事に終了

2012年12月30日 13:23

最近、忙しくてしばらくぶりの更新です。

2012年問題で、あと一日ありますが地球滅亡にまでは至らなかったようです。(当然です)
世界各国で、政権交代が行われたこと、世界秩序が徐々に変化していく事考えられます。
スポンサーサイト

古代のマヤ文明

2011年10月02日 08:59

2012年の人類滅亡説が取り沙汰されていますが、管理人は滅亡しないと予想します。新しい時代の幕開け、グローバルな新秩序が生まれる可能性があります。

最近のグローバル戦略の推進、環太平洋でのTPPなども、一つの兆しでしょう。

2012年問題のその根拠となるものの一つが、マヤ文明の歴です。

マヤ文明の誕生はローマ時代の紀元前四世紀頃と言われています。

当時の現存する文書は非常に少ないが、天文学や数学の高度な知識を持っていたとされる。

現代の一年、365日とほぼ同一の歴を既に持っていて、その他にも260年を一年とする歴を開発したとされる。

マヤ人はある独特の周期、5200年は区切りとして、時間は循環すると考えていました。

さらにそれにもとづき、マヤ文明の預言者が多くの予言を残しており、

次の周期の終わりが、2012年12月22日とされています。

ブログパーツ

懸念されるサイバーテロ

2011年08月22日 19:26

最近、ソニーのサイバー事件など、サイバー攻撃が増えています。

主なハッカーは先進国に多く存在するそうです。ITの技術力が向上すれば、ハッカーを行う方も増えていくわけです。

現代の主な経済先進国はITが機能しなければ、大変な打撃を受けて、大混乱に陥るのは目に見えています。

2012年に攻撃される可能性も十分にありえます。各国でセキュリティー部門の補強などをして、普段からその脅威に備えるべきでしょう。

最近ではハッカーの方を再教育して、会社のセキュリティー部門などにに採用するところも増えているそうです。

ちなみに管理人もIT関連が好きで、勉強などもしていますが、もちろんハッカーではありません。

ブログパーツ

2012年世界中で行われる選挙

2011年08月15日 16:34

来年、アメリカとロシアで大統領選挙があります。

最近のアメリカの不良債権問題があるだけに気になります。

アジアでは大国の中国が、第18次人民大会を開き、指導者の入れ替えを行う予定です。

ヨーロッパではフランス。

東アジアでは韓国で、台湾では総統選挙が行われる。

あと、気になるのが北朝鮮ですが、最近も金総統が中国を訪問して、一部の報道では、中国が北朝鮮に影響力を増しているとゆうことです。

ブログパーツ

世界同時株安は世界恐慌の始まりか

2011年08月09日 19:24

アメリカ国債の引き下げのより、ほぼ世界同時株安の状況となっています。

歴史は繰り返すといいますが、第二次大戦発生時の1930年代の状況に近づいてきています。

但し、今回の問題点は、不景気と財政赤字、株安が同時に起こっている事です。

景気回復のために、さらに財政拠出を行えば財政赤字が膨らむ事になり、悪循環に陥る可能性もあります。

今まで、その問題を放置してきた付けが回ってきたようです。

不良債権問題はアメリカにかぎらず、日本も同様です。

日本の経済不況状態が、アメリカでも始まったのではないかとも考えられます。

他にも不可解で不安な事件が世界中で多く起きていますが、これらは2012問題に関わる前兆の現象でしょう。

備えあれば憂いなし、来年に向けて、いろいろ準備して、警戒しましょう。

ブログパーツ

2012年をどう読むか【追記】

2011年07月30日 18:11

2012年に向けての不安要素は何なのでしょうか?
今年の主に気になる問題を拾ってみました。
この記事は、問題となっている2012年12月まで追記をアップして行く予定です。

1 日本の福島での原発事故収束の長期化

2 中東各地での民主化運動などの動乱

3 中国で空母建造などの軍備拡大、国内自治区などでの暴動、東シナ海で東南アジア周辺諸国との紛争問題

(追記)
尖閣諸島紛争、沖縄中国帰属主張、中国国内での格差問題

古代中国では良質な古典を残していますが、現在の中国事情には憂慮しています。
共産党の独裁政治の歪が出てきて、各地で民主化運動がおこっているようです。
一党独裁がいつまで続くのかと思います。

現在の中国では、経済発展で世界2位になりましたが、実際のところ、富裕層は共産党と経営者の一部の方で殆どの富を占めていて賄賂も蔓延っているようです。、急激な経済開放もあって、一般庶民はインフレにも苦しんでいます。

(追記)
高速鉄道の事故により、中国に転換点が来る可能性があります。
ハード(経済面)では発展した中国ですが、ソフトの面でまだ世界基準には達していないようです。

4 EU経済のギリシャ危機問題

5 タリバンによる報復テロ行動の拡大

6 最近頻発する地震などの異常気象

7 北朝鮮の原爆保有と後継者問題

8 パレスチナの独立宣言

(追記)

9 南スーダン独立宣言

南スーダンは油田もあり、はやくもアメリカ、中国が支援をするそうです。
アメリカが支援すると戦争に発展する事が多いので要注意です。中国が進出しているのも気になります。
スーダンは宗教でも分裂していて、アルカイダの潜伏先と推測されてアメリカが経済封鎖をしていたところです。

(追記)7/30
10 アメリカの債務不履行問題

アメリカの財政赤字が1兆6450億ドルで8.2日に期限を迎えます。日本の財政赤字もかなりの額ですが、アメリカの場合は債務不履行になれば国債の大暴落を引き起こし、日本、中国などの債権国は大打撃を受けるでしょう。
過去にもアメリカ発でウォールガイの株大暴落がありましたが、もし不履行になれば世界経済は大変な状況に陥るでしょう。

かなりの問題が山積しています。

世界情勢を読むことはかなり重要になってきます。

ブログパーツ

地球磁場の減少

2011年05月23日 07:42

地球の磁場が年々減少しています。

地球を覆っている磁場は、地球内の核から液体金属を含むマントルが対流する事で電流がながれて発生します。
太陽フレアによる放射能が地球に降り注ぐのを防いでくれています。

ところが、最近南アメリカ付近で磁場が特に低くなっていることが分かりました。
自然のバランスが崩れると、一気に一方向に作用が進むことも考えられます。

地軸逆転はsとn極が逆転することです。以前に起こったのは約70万年前なので、起こる可能性は相当低いでしょう。
もし起こった場合は、数ヶ月間地球が太陽フレアに無防備状態になり、電気が不通状態で被害は免れません。

さらにアメリカなどの大国が地下で核実験を何度も行ってきたので、地球の地殻などのバランスが崩れていることも心配されます。

古代中国の老子が言っているように、自然無為に過ごし、地球環境、自然を破壊させないことは重要でしょう。

FC2ノウハウ

ブログパーツ

2012年の団塊世代大量退職問題

2011年04月09日 09:55

2012年の占い、古代文明の予言、宇宙の不安要素以外に日本国内での現実的な問題として、団塊世代の大量退職があります。

2007年に60歳で退職予定だった団塊世代の方々が、法律の改正により65歳まで再雇用などの形で残ることになった。
そのため65歳になる2012年に大量の退職者が発生し労働力が不足する可能性が出てきた。

新規雇用の増加を期待する意見も一部にはあるようです。
しかし、東北大震災の復興、電力不足、被災した原発の廃炉などに最低一年くらいは必要であると予想され、景気の動向にもよるので、今後も厳しい状況は継続すると思われます。
政府などによるなんらかの対策案を期待したいと思います。

ブログパーツ

炉心溶融と2012年問題の関連

2011年03月15日 12:25

福島第一原発で大変なことになっているようです。
このまま放射能の漏洩が増していけば、日本の電力事情がさらに悪化していくことになります。
人的被害も増すかもしれません。

昨日、東電担当者の記者会見がありましたが、何か変で不可解としか言いようがありません。
やましい事、悪い事をしていなければ、もっと堂々と会見できるものですよ。
自己の立場、身分の保守、保身ばかり考えている様子が見て取れます。
東電は過去にも原発の不具合を隠蔽しており、今回もなんらかの隠蔽があった可能性を否定できません。
外国のメディアも東電と政府の見解が食い違っている事、事実関係の公開について、懸念を示しており、深刻な事態であると報道しています。東電には勇気を出してもらい、隠すことはやめにして、事実を全て明らかにしてもらいたいものです。

今回の国難に日本は乗り越えることが出来ると思いますが、このまま、事態が悪化すれば、日本経済は混乱し、半年か1年は混沌として低迷することが予想され、世界にも波及することが予想されます。

易経は、物事が起こる兆しを占う学問です。当然、今回の事件は悪い兆しです。
このような混沌とした社会情勢のなかで2012年を迎えることになりそうです。
2012年の見通しは暗いと言わざるをえません。

ブログパーツ

2012年について

2010年11月12日 21:42

最近2012年問題が騒がれていますが、その主な理由について考えて見ます。

①2012年の12月に地球と銀河の中心と太陽が一直線に並ぶ。
②古代文明のマヤ暦が終了する。

他にも理由は有るようですが、上記が主な物です。

私個人としては、おそらく2012年には人類が滅亡する事は無く、ある意味で、歴史の転換点になる事柄が起こると予想してます。それが何なのかは、今のところ解りません。

そう言えば、あと約2年後です。

ブログパーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。