アクセスランキング

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPPを占う

2011年11月11日 20:23

今、TPP参加が議論になっていますが、管理人は賛成しています。

易経の思想から観ても、世の中の経済状況は常に流動的で変化するものです。

現在のグローバル経済の進展を考えれば世界情勢に強調してゆくことは必要だと思います。

農業の危機を訴える声も聞こえますが、他国でも同じリスクがあるわけです。

日本の農産物は良質だし、たとえ外国産が入ってきても急激に購入が増えることは無いと思います。

日本の農産物は、良質なので輸出も増えてくるのではないでしょうか。

過去の江戸時代の鎖国で日本は世界から遅れをとった歴史もあり、今、世界各国と協調体制をとることは必要だと思います。

アクセスランキング
スポンサーサイト

ユーロ圏の危機

2011年10月10日 19:38

最近、ギリシャ危機などでヨーロッパ圏の経済状況が懸念されています。

最近、東南アジアに旅行に行ったのですが、欧米人が多いのに驚いたことを思い出しました。

欧米の企業では、長期休暇を取るので、旅行に来ている方も多いのでしょう。

しっかり仕事しているのか?と疑問に思えることもあります。

金融危機なので、休暇返上で働くのも良いとおもいますが。

欧米人はアジア人と価値観が違うので、勤勉とは縁が遠いのかもしれません。

それに比べてアジア、取り分け東アジアの人々は仕事熱心な勤勉な方が多いのは、儒教、仏教などの影響があるからではないかと思います。

ブログパーツ

経済発展するアジア圏

2011年09月08日 20:08

最近の東南アジアなどの経済発展はめざましいものがあります。

ユーロ圏、アメリカで金融危機、株安などが進んでいますが、日本も長期の不況に苦しんでいます。

更に、世界ではイスラム原理主義と欧米の対立、テロなどの争いなど不安定な情勢が続いています。

日本は、もっと近所のアジア諸国と関係を深めるべきだと思います。

ヨーロッパのユーロ圏のような体制は無理だと思いますが、経済・文化面で共存・共栄を図ることも有効ではないでしょうか。(戦時中の大東亜共栄圏とは異なります)
ある程度、アジア圏の経済の恩恵を受ける事も可能でしょう。

今までは、西欧追随主義で来た日本ですが、その体制がいろいろな面で限界に来ている気がします。今後は、アジア人の一員として、世界の国々と、向き合い付き合う必要がありそうです。

特に中国の軍事面での脅威が増えているので、平和路線をとる日本としては、アジア圏で何らかの連携を取る事は、経済、国防の上でも有効かと思われます。

最近の不安定な世界情勢を考えても、アジア圏は自己防衛の意味でも連携する必要がありそうです。

ブログパーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。