FC2ブログ
アクセスランキング

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年をどう読むか【追記】

2011年07月30日 18:11

2012年に向けての不安要素は何なのでしょうか?
今年の主に気になる問題を拾ってみました。
この記事は、問題となっている2012年12月まで追記をアップして行く予定です。

1 日本の福島での原発事故収束の長期化

2 中東各地での民主化運動などの動乱

3 中国で空母建造などの軍備拡大、国内自治区などでの暴動、東シナ海で東南アジア周辺諸国との紛争問題

(追記)
尖閣諸島紛争、沖縄中国帰属主張、中国国内での格差問題

古代中国では良質な古典を残していますが、現在の中国事情には憂慮しています。
共産党の独裁政治の歪が出てきて、各地で民主化運動がおこっているようです。
一党独裁がいつまで続くのかと思います。

現在の中国では、経済発展で世界2位になりましたが、実際のところ、富裕層は共産党と経営者の一部の方で殆どの富を占めていて賄賂も蔓延っているようです。、急激な経済開放もあって、一般庶民はインフレにも苦しんでいます。

(追記)
高速鉄道の事故により、中国に転換点が来る可能性があります。
ハード(経済面)では発展した中国ですが、ソフトの面でまだ世界基準には達していないようです。

4 EU経済のギリシャ危機問題

5 タリバンによる報復テロ行動の拡大

6 最近頻発する地震などの異常気象

7 北朝鮮の原爆保有と後継者問題

8 パレスチナの独立宣言

(追記)

9 南スーダン独立宣言

南スーダンは油田もあり、はやくもアメリカ、中国が支援をするそうです。
アメリカが支援すると戦争に発展する事が多いので要注意です。中国が進出しているのも気になります。
スーダンは宗教でも分裂していて、アルカイダの潜伏先と推測されてアメリカが経済封鎖をしていたところです。

(追記)7/30
10 アメリカの債務不履行問題

アメリカの財政赤字が1兆6450億ドルで8.2日に期限を迎えます。日本の財政赤字もかなりの額ですが、アメリカの場合は債務不履行になれば国債の大暴落を引き起こし、日本、中国などの債権国は大打撃を受けるでしょう。
過去にもアメリカ発でウォールガイの株大暴落がありましたが、もし不履行になれば世界経済は大変な状況に陥るでしょう。

かなりの問題が山積しています。

世界情勢を読むことはかなり重要になってきます。

ブログパーツ
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bkmago.blog65.fc2.com/tb.php/428-81247a5e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。