FC2ブログ
アクセスランキング

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎に満ちた老子

2011年07月03日 10:13

老子は儒教を批判しています。

その主な理由は、儒教が人間関係の道徳の規範を設けてそれを実践すること。

世の中がいわゆる天下太平の時代には仁義、考慈、忠などの徳目は他人から教わらなくとも自ずと自然に実践されていた。

それは常の道に従って自然のままに生きていたから、家庭も国家もおのずから秩序が保たれた。

近代文明が発展してきて、さかしらな知恵がはびこりだしてから、道が失われたために、儒教の礼儀が説かれる必要が生じた。

また、老子は一説によると過去に何度も生まれ変わっているとゆうことです。

ブログパーツ
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bkmago.blog65.fc2.com/tb.php/430-2ab45fc2
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。