アクセスランキング

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老子とは

2012年04月12日 12:52

老子は古代中国の、二千五百年ほど前の人で、えらい思想家です。但し、その実像ははっきりしていません。

司馬遷(紀元前百四十五年頃~)が著した有名な「史記」にも出てきます。

その老子が国境の関所を通ったとき、そこの役人の伊喜から「道の教え」を問われ、其のときに残したのが、「道」と「徳」の上下二編五千字からなる文章でした。

上篇を「道教」一章から三十七章、下篇を「徳経」三十八章から八十一章、といい、合わせて「老子道徳経」といいます。

これが一般に「老子」と呼ばれる元の本です。

なのでまったくの架空の人物ではないようですが、当時、勢いを増していた儒教思想(孔子や孟子の思想)に対抗する道教思想(老子や荘子の思想)家たちが、其の中心人物である老子を持ち上げて書き、思想を紹介した可能性もあるとされています。

今日、この論語と老子は中国の二代古典となっています。

ブログパーツ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bkmago.blog65.fc2.com/tb.php/492-09d30b45
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。